診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  整形外科

整形外科

特徴・診療内容

整形外科とは運動器の疾患と外傷を扱う診療科です。骨や軟骨、筋肉、腱、神経など、体を動かすことに必要な器官を運動器といいます。骨折や捻挫、アキレス腱の断裂などが運動器の外傷です。また背骨や手足の関節が痛くて立てなくなったり、歩けなくなったりするのは運動器の疾患が原因です。高齢社会では、運動器の加齢にともなう変化が、内科のメタボリック症候群と同様に健康寿命を大きく引き下げています。

当院では、日常遭遇する捻挫や打撲、骨折などを、手術を含めた最良の治療手段を用い治療することができます。また変形性関節症やリウマチ、骨粗しょう症などの運動器疾患や成長にともなう運動器の異常などの診断から治療、研究を行なっています。リハビリテーション科と連携し、運動器の手術から社会復帰までの一貫した治療を行っています。

また健康長寿のための骨粗しょう症外来も開設し、最新型の骨密度測定装置による診断と、個々の患者様にあった治療方法、治療継続方法の提案もしています。

 

 

検査について

整形外科では骨、関節を中心に周辺の筋、腱、靱帯から神経(脊髄を含む)、血管に至るまで、内臓以外ほとんどすべての器官を扱うと言っても 過言ではありません。
診療する疾患は、四肢・体幹部の外傷(骨折、脱臼、捻挫など)から、スポーツ障害、膝痛などの慢性関節疾患、末梢神経・脊椎脊髄疾患、 骨・軟部腫瘍、関節リウマチや近年増加し社会的問題にもなっている骨粗鬆症など非常に多岐にわたります。


整形外科では基本的な単純X線検査以外にも、CT、MRIなどの先進的な画像検査を行っています。特にMRIはX線被爆のない非侵襲的な検査として、 脊椎・脊髄疾患から骨・軟部腫瘍、半月板損傷などの軟部損傷にいたるまで、多くの整形外科疾患で有用性が報告されています。 その他の画像検査として、関節造影、脊髄腔造影や神経根造影も行っています。
筋・神経疾患の筋電図検査や神経伝導速度検査も可能で、末梢神経疾患や脊椎脊髄疾患の鑑別、重症度判定に役立てています。 骨粗鬆症の診断や治療効果判定のため、骨密度や骨代謝マーカーの測定も随時行っております。 関節リウマチや長期に服薬を受けている患者さまでは、治療効果判定や合併症、薬の副作用に充分注意する必要があるため、 定期的に血液検査や尿検査などを行います。


自分では調子が良いと思っていても、検査で早期に異常がわかることも多いので、 面倒くさがらずに必ず医師の指示に従ってください。

 

整形外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.