診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  リハビリテーション科

リハビリテーション科

「リハビリテーション室」の紹介ページはこちら

特徴・診療内容

当院リハビリテーション科では、急性期・回復期の理学療法・作業療法・言語聴覚療法を実施しています。

理学療法

立つ・歩くなどの基本動作の改善を目的として運動療法(関節可動域訓練、筋力増強訓練、 全身調整訓練、協調性訓練、神経筋再教育、各種体操指導)や動作訓練などを行います。
作業療法 食事やトイレなどの身の回り動作や家事動作などの改善を目的としています。
様々な自助具や福祉機器の作成や選定、住宅改修の提案も行います。
言語聴覚療法 聞く・話すなどのコミュニケーション能力の改善や、口から物を食べる(摂食・嚥下機能)の改善を目的としています。

 

入院診療

一般病棟では、必要に応じてあらゆる疾患の早期リハビリテーションを実施しています。
回復期リハビリテーション病棟では、脳卒中、整形外科疾患、外科手術や内科治療での安静臥床後の機能低下などに対して、在宅復帰を目標とした積極的・集中的リハビリテーションを実施しています。

 

外来診療

主に整形外科疾患や脳卒中などを対象に、期間・目標を設定して、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を実施しています。
診療は月曜から金曜日の午前9時から12時の予約制です。診療を受けられる場合は整形外科(脳卒中等の方は総合診療)にて診察を受けていただき、 医師の指示の下に実施いたします。
小児リハの場合、小児科での診察を受けていただいた上で、別時間帯の予約診療となります。

 

リハビリテーション科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.