online授業その2

 当校では、現在3密を避けるため基本的には自宅でOn-Line授業を受けることになっていますが、様々な状況により、学校でonline授業を受けることもできます!授業開始前から、出席登録をスマートフォンで済ませて、パソコンの準備を行い・・・準備万端です。
 授業が終了し、インタビューをしました。「現在、online授業で通学時間がないことで、日常生活は充実しています! 授業までのゆとりある時間を趣味などに使っています。もっと時間を有効に使いたいです!と、そして、通学による密を避けることができ、安心して学習をしています。」と笑顔で話してくれました。有意義な毎日を過ごしているようですね。   
3年生担当 

onlineセルフマネジメント支援演習

 現在当校では、終日online授業を実施しています。3年生のセルフマネジメント支援演習という科目の様子をご紹介します。
 模擬患者様の観察はパソコンを通じて実施しました。対象の表情・顔色・浮腫(むくみ)・尿量やその色調だけでなく体調・ベッドサイドの状況やコミュニケーションを図りながら臨床判断について考え、対象に必要な看護を考えていきます。グループディスカッションもパソコン内で熱く語り合っています!
 さあ、内容の発表時間です。教員は、パソコンをくるっと回転させて、白板を映します。パソコンから届く、学生の声をどんどんまとめていきます。普段の授業と大差なく、本日も学び多い1日でした。パソコンの向こう側に、学生の皆がいます。距離はありますが、離れていても学ぶ心はいつもと一緒です。このように、online授業で、工夫をしながら学生と共にがんばっています!  

  3年生担当

「新入生オリエンテーション(クラス役員とその役割、今後の学習方法について)」

 2年生がパワーポイントを使って説明をしました。「クラス役員ってどんなのがあるのかな?」「どんな役割があるのかな?」「これから先、どうやって学習をすすめていけばいいのかな?」そんな新入生の疑問に対し、2年生は、学習の中で作成したポートフォリオや授業中の工夫、自己学習などについて自分の経験を活かして説明しました。
さあ、一緒に頑張っていこう!!

待ってました・新入生!

 高度専門看護学科4回生、助産学科30回生の入学式が4月2日に行われました。規模を縮小した式でしたが、在校生や保護者、学校関係者が新入生を祝福しました。
 総勢100名の新入生が、期待や不安の入り混じる中、看護師・助産師になる決意を固めました。教職員一同、入学を心よりお祝いし、看護師・助産師の道を歩み始めた新入生を支援したいと思います。

自治会活動

 コロナ渦で昨年通りの学校祭ができなくなり、自治会委員の学生が主となって、学校祭の開催について長い時間をかけて検討しました。その結果、自治会委員で少しでもみんなが楽しむことができる機会を作りたいと考え、開催に向けて一致団結して進めました。オンラインでの開催で、スムーズにいかないこともありましたが、学年を超えて交流する機会となり、参加した学生からも楽しかったという意見が多く聞かれました。

高度専門看護学科 入学前登校

 4月入学予定の、高度専門看護学科4回生の入学前登校がありました。
白衣の採寸はワクワク♪入学までの準備の説明は真剣なまなざしで聴いている姿が新鮮でした。
 次は、3月の第2回オンライン情報交換会♪でお会い出来るのを楽しみにしています。

私にもできる!~3回生BLS演習~

 治療総論の授業で救急専門医によるBLS演習が行われました。講師の体験を踏まえた語りに興味津津!
各ブースに分かれてBLSの一連の流れに沿って実施しました。
(各ブースに教員がファシリテーターで学習をサポートしました)。
どの顔もみんな真剣に取り組んでいました。

BLSとは、Basic Life Supportの略称で、心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置のこと。