診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  整形外科センター(整形外科)

整形外科センター(整形外科)

診療体制・特徴・診療内容

・診療体制

 

整形外科センター(整形外科)は、2019年4月1日より、近畿大学医学部整形外科関連施設としてスタートいたしました。日本整形外科学会認定整形外科専門医の資格を有した、常勤医師3名ならびに非常勤医師4名により、日々の診療に従事し外来や手術ならびに救急に対応しております。

 

・特徴

 

外来はあえて専門を標榜せず、幅広く可能な限り対応しております。治療においては、整形外科ガイドラインに準じ保存的治療はもちろんのこと、手術が必要な場合は、患者様の同意のもとふさわしい術式を選択します。

 

・診療内容

 

整形外科領域(運動器ならびに脊柱脊髄疾患)は多岐にわたり、日常遭遇する腰痛や膝の痛み、スポーツや事故に伴う外傷、骨粗鬆症をはじめ加齢に伴う様々な現象、リウマチや変形による関節症等があげられます。そのため、整形外科領域も細分化され、関節(上肢も肩、肘、手ならびに下肢も股、膝、足等)、脊椎脊髄、リウマチ、骨粗鬆症等各疾病別に分類され最近では、専門外は診察しないという外来形式をとられている病院が数多くなりつつあります。しかしながら、当院のように市民病院として公的な立場では当てはまらず、まず気軽に受診していただき、可能な限りの診断により的確でしかも患者様に適した治療ならびにアドバイスができる体制に務めております。

中でも、先進医療のひとつである、ナビゲーションシステムを用いた股関節や膝関節人工関節置換術を導入し、より一層手術精度を高める事により人工関節の安定性をはじめ、合併症の発生を回避し術後の耐用年数の増加にも寄与しております。

 

ナビゲーションシステムについてはこちらを参照ください。

 

 

診療実績

①外来診療

 

月曜日から金曜日まで、それぞれ担当医による午前診療を外来にて行っています。

内科をはじめ他科医師との連携だけでなく、看護・コメディカル(リハビリテーションスタッフ、薬剤師、臨床検査技師など)・事務と他職種とのチーム医療を強みとしています。

 

②手術件数

 

JOANR事業について

当院は「日本整形外科学会症例レジストリー(Japanese Orthopaedic Association National Registry:JOANR)」の構築に協力しています。

こちらのページをご参照ください。

 

整形外科センター(整形外科)ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.