診療のご案内

ホーム  >  診療のご案内  >  睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気をご存知でしょうか?

 SASとは…
いびきがある、いびきや息が止まる、起床時に熟睡感を得られず日中に強い眠気を感じる、頭痛や頭重感がある
等の症状をきたし快適な眠りを妨げます。
 また生活習慣病やメタボリックシンドロームとの密接な関係し、睡眠中の無呼吸時による血圧の上昇や心臓への負担が高血圧、生命にかかわる不整脈、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの病気を招き、寿命に影響するという報告もあります。少し太り気味という場合はもちろんですが、糖尿病や高血圧、心臓病などの持病をお持ちの方は、SASが潜んでいる可能性が考えられます。
 SASは、男性の4%、女性の2%に認められるといわれていましたが、最近の報告ではさらに増え、日本の患者数は400~500万人に達するといわれています。決して珍しい病気ではありません。 「眠い」「だるい」「いびきがうるさい」「息が止まっている」といったSASが疑わしい症状がありましたら、ぜひ当院を受診してください。

検査について

 携帯型の機械を貸し出し、ご自宅で簡易検査(PSG検査)を行っていただきます。
当院ではPSG検査によるSASの検査に加え、CPAP(シーパップ)と呼ばれる治療を受けていただくことができます。
 CPAPは睡眠中の気道の閉塞を防ぐために、専用のマスクを鼻や口に取り付け、機械から空気で陽圧を送り込む治療法です。世界的にもSASの治療法として普及しており中等症以上の方の場合は健康保険の適用となります。
 当院から機械をお貸し出しし、ご自宅で治療を行います。月1回外来に通院頂き、機械のご使用状態や睡眠状態をご相談させて頂きます。


【お問合わせはこちらまで】  
 和泉市立和泉診療所
  TEL:0725-44-6921(代)