保険の仕組み

ホーム  >  保険の仕組み  >  認定申請の仕方と介護度

認定申請の仕方と介護度

介護保険制度は申請主義です。介護サービスを利用しようとされる方は、要介護度の認定が必要となります。本人またはご家族が申請します。

サービスを受けるまでの手順

サービスを受けるまでの手順 フロー図

  • ・申請は、本人・家族等が行うほか、地域包括支援センターが代行できます(一定の居宅介護支援事業者等による代行も認められます)。
  • ・新規認定の調査は、原則として市町村、例外として指定市町村事務受託法人が行います。更新認定・変更認定では、一定の居宅介護支援事業者等に委託できます。
  • ・心身の状態などの調査の結果をコンピュータに入力し、介護に必要な時間を推計します。
  • ・介護の手間に係る審査判定により「要支援1」「要介護1相当」「要介護2~5」が判定されます。うち「要介護1相当」については、さらに状態の維持・改善可能性に係る審査判定が行われ、「要支援2」「要介護1」が判定されます。
  • ・認定結果に不服がある場合、都道府県の「介護保険審議会」に申し立てができます。