診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  脳外科・脳卒中センター

脳外科・脳卒中センター

当科は、地域中核病院の脳外科・脳卒中センターとして脳血管障害はもちろんのこと、聴神経腫瘍をはじめとする良性脳腫瘍機能的脳疾患(顔面痙攣・三叉神経痛)、脊椎外科の治療に特に力を注いでおり、セカンドオピニオンも受け付けています。

充実した急性期脳疾患治療を行なう為、『脳外科・脳卒中センター』として集約的な機能を強化しています。
 

チーム医療により質の高い医療を実現

専門の医師(脳神経外科医・脳卒中内科医・脊椎外科医)を中心としたスタッフ(看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、薬剤師など)をチーム化し、急性期医療からリハビリに至るまで一貫した質の高い医療サービスが提供できるように目指しています。

 

早期予防・早期診断・早期治療を実現する環境

脳疾患救急患者受け入れ体制

『24時間、365日』常時専門医が対応できるように当直医も含め整えています。

 

緊急検査機器

急性期脳疾患の診断・治療機器としてMRI(Diffusion含む)、3D-CT、3D-DSA血管装置などを備え、rt-PA静注療法指定施設であるなど、緊急時の検査を迅速に行えます。

 

 

リハビリテーション

当院は、急性期治療中より急性期リハビリテーションを平行して行い、急性期治療終了後には回復期リハビリテーションを行っており早期に社会復帰ができるようにサポートしております。

 

今後も南大阪という大きな地域医療圏に対して貢献できるよう努力してまいります。

 

● 日本脳神経外科学会専門医認定指定訓練所
● 日本脳卒中学会認定研修教育病院

 

 

診療内容

虚血性脳血管障害、脳内出血、くも膜下出血などのいわゆる脳卒中、脳腫瘍、下垂体腫瘍、脊椎外科等の手術を要する疾患ならびに偏頭痛などの精査、治療を必要とする疾患まで対象としています。 (下記参照)

脳出血

脳出血に関しては、生命に関する大きな出血に対しては、24時間、開頭手術が行なえる体制を整えております。また、生命にまでいたらなくとも、麻痺や失語症などの後遺症を少しでも軽減するために、定位的血腫除去術を積極的に行なっております。この手術は、全身麻酔の必要もなく低侵襲で行なえ、発症1週間以内から開始する急性期リハビリとともに、後遺症の軽減にある程度、成果を挙げていると考えております。

 

脳動脈瘤

脳動脈瘤は、クモ膜下出血の最大の原因であり、ひとたびクモ膜下出血がおこれば、生命の危機に瀕する場合が多く、救命できたとしても、重篤な後遺症を免れない、極めて恐ろしい疾患です。
従来、脳動脈瘤の破裂または再破裂を予防するには開頭術を行ない、手術用顕微鏡下で動脈瘤の処理を行なうのがもっとも確実な治療法とされてきました。最近では、動脈内に入れたカテーテルを動脈瘤近くに誘導し、特殊なコイルで瘤内を満たし、血栓化を促すことで、動脈瘤の破裂を予防する血管内手術が、注目を集めております。血管内手術は手術や全身麻酔の必要がなく、また、手術では治療困難な場所の動脈瘤にも対応ができます。実際の治療では、どちらがより安全で、より負担が少ないかを検討し使い分けることが必要です。

 

急性期脳梗塞

急性期脳梗塞におきましては、全例、脳卒中ガイドラインに従った治療を行ない、急性期リハビリテーションから回復期リハビリテーションへと一貫した安全で効果的な治療を行なっております。

 

脳血管狭窄症

脳梗塞の予備軍であり、脳梗塞の再発の原因である大きな脳血管の狭窄症があります。従来は、開頭術にてバイパス(バイパス術)を行なったり、頚動脈を切開し狭窄部の血管壁を一部はがしたり(内膜剥離術)していました。現在でも、有効な治療ですが、当院では、より侵襲の少ない、全身麻酔を必要としない、血管拡張術(経皮的血管形成術、ステント留置術)を積極的に行なっています。この治療は、身体に大きな傷をつくることなく、1週間以内の入院で、高い治療効果をあげています。

 

脳外科・脳卒中センターページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.