診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  急病救急センター

急病救急センター

対象疾患は二次救急患者が中心であり、内科系、外科系別に対応しています。救命処置を要する致死的病態(心肺停止、急性循環不全、急性呼吸不全)、溺水、熱中症、偶発性低体温症、急性腎不全、急性肝不全、急性冠症候群、脳卒中などに迅速に対応しています。
現在、軽症~重症までの救急診療を行っています。救急室において初療を行い、必要に応じて各専門科へ速やかに引き継ぐことで、より専門的かつ高度な医療を円滑に提供できる体制を整えています。
なお、重症症例や特殊な症例については、HCUおよび一般病棟へ入院のうえで、引き続き当科にて加療を行っています。

急病救急センターページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.