診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  病理診断科

病理診断科

病理診断科の業務は手術・生検材料の病理組織診断が主であります。手術時には必要に応じて迅速診断を行っています。
病理診断科としては診断の精度管理を最重点におき、各種免疫染色などにより可能な限り正確な診断を得ることに専念しています。当院は研修指定病院であり常勤医師や臨床研修医の研修の場でもありますので、病理解剖、CPC、CCなど病院の研修行事にも積極的に役割を果たすことにしています。
泉南地区の中核病院として地域の医療施設(病院、診療所)との連携の一環の中で病理のセカンドオピニオン外来にも積極的に参加し、地域医療に役立つことを目指しています。
病理診断のIT化を進める中で、病理組織診断のみならず治療に役立つ検索(遺伝子、その他)を漸次取り入れて臨床に役立つ機能病理を進めたいと思っています。

 

● 日本病理学会研修認定施設
● 日本臨床細胞学会施設

病理診断科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.