診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  形成外科

形成外科

形成外科では外傷(けが)や熱傷(やけど)、腫瘍(できもの)、腫瘍切除後の変形などにより、主に体の表面にトラブルを抱えておられる方々の治療をしています。治療により患者さんの生活の質(QOL, quality of life)を向上させられるように心掛けています。

府中病院が位置する北泉州地区には形成外科を標榜する病院は少なく、私たちが地域の皆さんのお役に立つことができれば、とてもうれしく思います。

私たちは

  1. 形成外科的なデリケートな皮膚の操作と縫合技術を用い、できるだけ目立ちにくくなるように努力しています。
  2. 特に顔のできものや、顔の骨折といった顔の手術では、たとえ傷あとが残ってしまっても、できるだけ目立ちにくい縫合線になるように、切開線や縫い上がりを工夫した手術を心掛けています。
  3. 創傷(きず)のスペシャリストとして、知識と外科的な手技を駆使して、スムーズな治癒を目指します。

● 日本形成外科学会認定施設

 

診療内容

「外傷(けが)」にかかわる疾患

※各疾患名をクリックをすると詳細をご覧いただけます。

 

「腫瘍(できもの)」にかかわる疾患

※各疾患名をクリックをすると詳細をご覧いただけます。

 

この他にも形成外科で扱う疾患はたくさんあります。
当科から他の科へ紹介することも可能ですので、わからないことがありましたら受診されることをお勧めします。

 

形成外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.