診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

「理学・作業・言語聴覚療法室」の紹介ページはこちら 

回復期リハビリテーション病棟って?

回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)は、入院患者さんが回復期のリハビリを必要とする状態と特定され、日常生活動作の向上や家庭復帰をめざした集中的な入院リハビリサービスを提供する病棟です。
医師、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)、介護福祉士(ケアワーカー)、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが病棟に専従し、チームとなってリハビリサービスを提供します。

 

医 師 チームのリーダーとして各スタッフへ指示を出します。リハビリ診断・各スタッフからの情報などのもと、障がいの予後や今後の方針について、検討・ご説明いたします。
看護師 入院から退院まで担当看護師がお世話させていただきます。 日常生活のケア(食事、入浴など)、家庭復帰に向けての指導を行っていきます。
介護福祉士 生活面の介護を行います。また、余暇を利用し「遊び」を取り入れたリハビリテーションも行います。季節ごとの行事も企画します。
理学療法士 がい(機能障害や能力障害)を把握し、基本動作の自立を目指した訓練を実施します。
作業療法士 がいを把握し、身の回り動作や生活関連動作の自立を目指して訓練を行います。自助具や車椅子の選定、家屋改修の助言も行います。
言語聴覚士 聴く・話す・読む・書く・食べるなどの機能改善を目指した訓練を行います。
医療ソーシャルワーカー

介護保険制度や障がい者福祉制度などを活用し、在宅療養や施設利用に向けてのお手伝いをいたします。

 

当院では、入院から退院までの計画をたて、様々なアプローチにより無理のない在宅復帰を考えています。

入院直後の会議(カンファレンス)とその後の定期的なカンファレンス、ご家族への説明と同意、家庭訪問、家屋改造、試験外泊、退院前の介護保険利用の計画、退院後の訪問チェックなどを計画的に実施しています(下図:入院から退院まで)

 

回復期リハビリテーション病棟の入院目的

  1. 1. ADL(日常生活動作)の向上
  2. 2. 寝たきりの防止
  3. 3. 家庭復帰

 

回復期リハビリテーション病棟の適応疾患

  1. 1. 脳卒中などの脳血管疾患、脊髄損傷など(発症から60日以内)
  2. 2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股/膝関節の骨折または多発骨折(発症から60日以内)
  3. 3. 外科手術、肺炎などの治療時の安静よる廃用症候群(発症から60日以内)
  4. 4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股/膝関節の神経筋または靱帯損傷(発症から30日以内)
  5. 5. 股/膝関節の置換術後の状態(発症から30日以内)

 

入院から退院までの流れ

●モーニングミーティング
 毎朝、前夜の様子や当日の予定を申し送ります
 
入棟時カンファレンス
 患者さんが入棟となった日の夕方に最初の情報交換を行います
 
新患カンファランス
 1~2週間の初期評価を終え、情報交換し、 今後の方針を検討します
 
1.5ヶ月カンファランス
 1~2週間の初期評価を終え、情報交換し、 今後の方針を検討します
 訓練室での理学療法 / ケアワーカー・家人による病棟内歩行訓練

 

ミラーセラピー  ※詳細はこちら

 

  良い方の手を鏡に映して、動きのイメージをつかみます。“脳をだます”(?)

 


● 日本リハビリテーション医学会研修施設

回復期リハビリテーション病棟ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.