診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  中央放射線部│放射線治療部

中央放射線部│放射線治療部

放射線治療は、手術、化学療法とならぶ悪性腫瘍に対する三大治療法の一つです。放射線治療には機能と形態の温存が可能ながん局所治療法であるという大きな特徴があります。がん患者さんの半数が救命できるようになった現在、命を長らえるだけでなく社会復帰の可能なQOL(quality of life)の高い治療法への社会的要請が強まっています。放射線治療はまさに時代の要求するがん治療法です。また、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者さんにやさしいがん治療法です。放射線治療の目的にはがんを治す根治照射、がんの痛みを取る緩和照射、がんの再発を抑える予防照射などがあります。

 現在、非常勤医師3人の体制で火曜日・水曜日・金曜日に予約外来を行っております。アットホームな雰囲気で患者さんの心に寄り添った丁寧なケアを行えることを目標にしております。
  紹介は院外からも広く受け付けております。高度放射線治療や小線源治療など特殊な放射線治療が必要な場合は近畿大学医学部附属病院と連携を取り対応しております。

 

放射線治療について

放射線治療の目的にはがんを治す根治照射、がんの痛みを取る緩和照射、がんの再発を抑える予防照射などがあります。
放射線治療の対象となる主ながんは、脳腫瘍、リンパ腫、頭頚部腫瘍、食道がん、肺がん、肝胆膵腫瘍、子宮頚がん、前立腺がん、骨腫瘍など頭から下肢まで身体中ほぼすべての腫瘍であるといえます。

 

悪性リンパ腫に対する放射線治療(緩和照射)
放射線治療前

 

 

 

 

1.8Gy
25回照射

合計 45Gy

放射線治療後
放射線治療線量分布

 

食道がんに対して化学療法併用放射線治療
放射線治療前

放射線治療線量分布

 

 

 

 

2Gy
30回照射

合計 60Gy

 

 

治療終了

8カ月後

放射線治療後

 

全身照射(TBI)

当院は、血液疾患の放射線治療が全体の3分の1を占めています。
また、造血幹細胞移植が行われていて、前処置にあたる全身照射(TBI)も実施しています。

 

画像誘導放射線治療(IGRT)

当院はIGRTを行っています。
従来の放射線治療は皮膚に直接、印を書いて位置合わせしています。これは、皮膚表面の印だけを頼りに行う放射線治療で、身体の内部の様子や治療中の身体の位置関係がわかりません。
IGRTは、照射直前に画像情報を取得して、治療計画で用いたCT画像と照合します。
そして、位置のズレを補正し正確な放射線治療を行う方法です。

CT画像との位置合わせ

 

中央放射線部│放射線治療部ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.