診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  眼科

眼科

当院では、白内障、緑内障など一般的な眼疾患の診断や治療を幅広く行っています。
また、糖尿病網膜症や網膜動静脈閉塞など網膜の血管性疾患、加齢黄斑変性を代表とする黄斑部疾患など網膜硝子体疾患の専門的な診断や治療にも取り組んでいます。

手術に関しては、白内障を中心に、網膜硝子体手術も行っており、可能な限り緊急にも対応しています。

病診連携を密接に行っておりますので、病状が安定しましたら、自宅近くの開業医の先生に診察をお願いしています。病状が悪化すれば再度御紹介いただければ幸いです。また、当院では対応困難な病状に対しては、大学病院(主に近畿大学)などと連携し、最良の治療を目指しています。


● 日本眼科学会専門医制度研修施設

 

診療内容

 

当院眼科を受診する代表的な疾患は糖尿病網膜症、白内障、緑内障が挙げられます。

特に糖尿病網膜症をはじめとする網膜血管疾患においては、当院糖尿病センターならびに透析センターとの連携により多くの患者さんが受診されます。

糖尿病網膜症は、病初期には眼底出血、白斑などがあっても自覚症状がないことが多く、視力低下を来たしたときには既に増殖性変化を生じ予後不良な場合も少なくありません。内科で糖尿病と診断された、あるいは糖尿病にて加療されている患者さんは定期的に眼科を受診することがすすめられます。眼科では進行した糖尿病網膜症に対してレーザー光凝固治療を行い、また糖尿病網膜症が軽度あるいは認められなくとも、定期検診の重要性を患者さんに説くよう、常に心掛けています。

白内障については、患者さんの希望とQOL(生活の質)を第一に考え治療を行っています。手術を施行する際には、患者さんご家族の方々を交えながらインフォームドコンセントを十分に行い、最新の超音波白内障手術にて良好な結果と満足度が得られています。当院では最近、白内障手術を希望される患者さんが増加しています。それに伴い、手術までの期間が長くなっていますので、手術日を増やして対応しています。

緑内障については、緑内障発作を起こし易いハイリスク患者さんに対し、レーザー虹彩切開術を積極的に行っています。また様々な緑内障に対し、定期的な視野検査、点眼治療を行っています。

眼科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.