診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  眼科

眼科

当院では、白内障、緑内障など一般的な眼疾患の診断や治療を幅広く行っています。
また、糖尿病網膜症や網膜動静脈閉塞など網膜の血管性疾患、加齢黄斑変性を代表とする黄斑部疾患など網膜硝子体疾患の専門的な診断や治療にも取り組んでいます。

手術に関しては、白内障を中心に、網膜硝子体手術も行っており、可能な限り緊急にも対応しています。

病診連携を密接に行っておりますので、病状が安定しましたら、自宅近くの開業医の先生に診察をお願いしています。病状が悪化すれば再度御紹介いただければ幸いです。また、当院では対応困難な病状に対しては、大学病院(主に近畿大学)などと連携し、最良の治療を目指しています。


● 日本眼科学会専門医制度研修施設

 

診療内容

 

当院眼科を受診する代表的な疾患は糖尿病網膜症、白内障、緑内障が挙げられます。

特に糖尿病網膜症をはじめとする網膜血管疾患においては、当院糖尿病センターならびに透析センターとの連携により多くの患者さんが受診されます。

糖尿病網膜症は、病初期には眼底出血、白斑などがあっても自覚症状がないことが多く、視力低下を来たしたときには既に増殖性変化を生じ予後不良な場合も少なくありません。内科で糖尿病と診断された、あるいは糖尿病にて加療されている患者さんは定期的に眼科を受診することがすすめられます。眼科では進行した糖尿病網膜症に対してレーザー光凝固治療を行い、また糖尿病網膜症が軽度あるいは認められなくとも、定期検診の重要性を患者さんに説くよう、常に心掛けています。

白内障については、患者さんの希望とQOL(生活の質)を第一に考え治療を行っています。手術を施行する際には、患者さんご家族の方々を交えながらインフォームドコンセントを十分に行い、最新の超音波白内障手術にて良好な結果と満足度が得られています。当院では最近、白内障手術を希望される患者さんが増加しています。それに伴い、手術までの期間が長くなっていますので、手術日を増やして対応しています。

緑内障については、緑内障発作を起こし易いハイリスク患者さんに対し、レーザー虹彩切開術を積極的に行っています。また様々な緑内障に対し、定期的な視野検査、点眼治療を行っています。

白内障手術と眼内レンズについて

 

白内障とは?

目の中でレンズの役割をする水晶体が濁り、十分に光を通さなくなるため、見えにくくなる疾患です。

 

白内障の手術とは?

濁った水晶体を砕いて取り出し、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを入れる手術です。

 

当院での白内障手術の流れ

当院では、日帰り及び1泊2日の入院手術で行っており、手術までの待機期間は約1ヶ月程度となっています。
 

 

眼内レンズの種類について

白内障手術時に挿入する眼内レンズの種類(単焦点・多焦点)によって下記の点に違いがでます。

  •  ・手術後の見え方
  •  ・見える距離
  •  ・メガネの必要性

 

多焦点眼内レンズについて

当院は、多焦点眼内レンズの診療に関して平成25年12月より「先進医療の施設認定」を受けています。


現在の白内障手術では焦点を1つの距離のみに合わせる「単焦点眼内レンズ」が一般的ですが、この欠点を補うための遠距離、近距離など複数に焦点が合う「多焦点眼内レンズ」が登場しました。遠距離も、近距離も焦点が合わせられるように設計されていますので、眼鏡やコンタクトレンズの装用ができない方や、眼鏡をかける頻度を減らしたい方には好ましいと言われています。

白内障手術でどちらのレンズを選択するかは、ご自身のライフスタイルで決めていただきます。詳しくは担当医師にご相談ください。
 

 

単焦点と多焦点眼内レンズの見え方の比較イメージ

遠くか近くのどちらかにピントが合います。

遠くと近くの両方にピントが合います。

遠くにピントを合わせた場合、近くがぼやける

 

  • ・生活上の多くの場面において眼鏡に頼ることを少なくできます。
  • ・すべての距離に対し、はっきりとピントを合わせることができるわけではありません。

近くにピントを合わせた場合、遠くがぼやける

 単焦点まとめ
見える範囲
手元から遠くまでのある一定距離のみよく見える
見える質
ピントが合う。ある一定距離は良好。
費用
保険診療の範囲で行える治療。
 多焦点まとめ
見える範囲
手元から遠くまで見える
見える質
ピントが少しあまい
費用
保険診療の範囲で行えない治療。


 

多焦点眼内レンズ治療の流れ(術前~術後)

手術1ヶ月前 ①白内障説明会 ②全身検査
手術2週間前 ①手術の説明 ②手術前検査
手術当日 指定された時間にご来院ください。
― 手術 ―
術後3ヶ月間 手術後は定期的な診察を受診していただきます。
治療経過により、期間は異なりますので、担当医の指示通りに受診してください。


 

単焦点・多焦点眼内レンズ手術費用の比較【片眼の場合】

項目 単焦点眼内レンズ(一般) 多焦点眼内レンズ(先進医療)
手術代金 保険適用 300,000円(非課税)※2
診察・検査・投薬・注射・入院料など 保険適用 保険適用
概算費用(3割負担) 約6~7万円 ※1 手術代金300,000円
+約2~3万円 ※1

 

  • ※1 手術を受けられる人によって、費用は様々です。あくまでも概算費用となります。
  • ※2 先進医療の代金には、手術技術料、多焦点レンズ等の材料費が含まれます。
    民間の医療保険で先進医療特約等に加入している場合は、先進医療部分に対し、保険金が支払われる場合があります。加入されている保険会社によって条件が 違いますので、保険会社に直接お問い合わせ下さい。
  • ※ 医療費控除について、該当する場合は申請が可能です。

 

 お問い合わせ先

眼科外来 窓口  TEL 0725-43-1234【代表】 

眼科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.