病院について

ホーム  >  日本ACLS協会 泉州府中トレーニングサイト

泉州府中サイトへようこそ

このサイトは、AHA(アメリカ心臓病協会)のJapan-ITOとして国際トレーニング組織日本部会である「日本ACLS協会」公認のトレーニングサイトである泉州府中トレーニングサイトのホームページです。

泉州府中サイトでは、医療従事者を中心に、一般の方までを幅広く対象に、アメリカ心臓病協会公認の緊急心臓血管治療プログラム(BLS、ACLS、ハートセイバーAED)のトレーニングを行っています。アメリカ心臓病協会の緊急心臓血管治療プログラムの目標は、すべての社会での救命の連鎖を活用、改善することによって、心肺停止、重篤な不整脈、虚血性心疾患、脳血管障害による死亡と後遺症を軽減することにあります。この趣旨に賛同いただける方のご参加、ご協力をお願い申し上げます。

詳細はこちらまで


ハートセイバーAED

ハートセイバーAEDは、非医療従事者(一般の方、学生の方、介護・福祉関係の方など)を対象に、目の前で倒れた人を自動除細動器[AED]の使用を含めて学習していただくコースです。人を助けるため、救命のために必要な手技と知識を効率よく学び、身に付けることができます。泉州府中サイトでは、幅広く受講していただく方を募集しています。

BLS

BLS(Basic Life Support)は一次救命処置を指し、目の前で倒れた人を救うための基本の手技です。この手技なくしては、助かる人も助かりません。泉州府中サイトのBLS講習会においては、日本ACLS協会指定のトレーニングプログラムにのっとり、成人、小児、乳児の一次救命処置(自動除細動機[AED] の使用を含む)及び、気道異物の際の処置について学ぶことができます。

ACLS

ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)は二次救命処置を意味します。一次救命処置だけでは心拍が再開しない人に対しての、薬剤の投与、気管挿管といった高度な心肺蘇生法が含まれます。また、心停止の傷病者の方だけではなく、重篤な不整脈、急性冠症候群、急性虚血性脳卒中等の初期治療までを対象としています。泉州府中サイトのACLS講習会においては上記の治療をシミュレーショントレーニング中心に行います。

詳細はこちらまで


COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.