病院について

ホーム  >  病院について  >  施設のご紹介

施設のご紹介

院長あいさつ

院長 戸田 爲久

 平成9年より医療療養型病院として地域の皆様にご利用頂いておりました愛風病院は、平成24年4月に菱木地区の複合施設ベルアンサンブルの中核施設「ベルピアノ病院」として移転開業いたしました。

 従来からの医療療養病棟に加えて回復期リハビリテーション病棟を増床した新しいベルピアノ病院は、「地域包括ケアシステムの中で循環する連携を着実に実践し地域のコーディネーターになる」 ~帰ろう、住み慣れた街、住み慣れた家へ~をテーマとして病気の回復期・維持期・生活支援期をトータルにサポートする地域に密着した病院を目指します。

 当院は、急性期病院での治療が一段落した患者様や、リハビリテーションが必要な患者様などを中心に 入院加療を行っており、院内の様々な職種が専門性を生かしてそれぞれの患者様のニーズに合わせた リハビリテーションや看護・介護を提供していきます。 平成26年7月には地域包括ケア病棟を取得し、よりいっそう急性期病院や地域医療機関、施設と連携し、質の高い看護、介護、リハビリテーションにより住み慣れた場所への在宅・生活復帰を支援していきます。

 また、複合施設ベルアンサンブルには特別養護老人ホーム「ベルアルプ」、サービス付き高齢者向け住宅「ベルヴィオロン」、訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所・ヘルパーステーションが集う「地域連携・在宅療養支援センター」があり、 在宅療養や介護が必要になった方への充実したサポート体制が整っています。 ベルピアノ病院はその中で外来診療のみではなく、訪問診療や訪問リハビリテーション、 通所リハビリテーションなどを担当し、患者様が住み慣れた街で安心してなるべく長く過ごしていただけるよう周辺の医療機関、介護施設・事業所とも協力して支援していきます。
 ベルピアノ病院は皆様にとって身近な病院としてお役にたちたいと考えております。

院長 戸田 爲久

ベルピアノ病院の基本方針

地域包括ケアシステムの中で循環する連携を着実に実践し、
地域のコーディネーターになる。
~ 帰ろう、住み慣れた街、住み慣れた家へ ~

・急性期の治療を継続し、早期に在宅療養につなぐチーム医療の実践
・安心して暮らせる街づくりへ、癒し支える医療の提供
・「ときどき入院、ほぼ在宅」が実現できる地域をめざし、在宅復帰・在宅療養をサポート

病院の特色

  • ・亜急性・回復期・維持期の患者様に対応した質の高い医療・介護・リハビリを提供します。
  • ・病気からの回復期は、退院後の生活に向けての大切な時期であるため、特に入院中の医学管理と早期のリハビリテーション提供を実施します。
  • ・スタッフの丁寧な病状説明・食事指導・服薬指導・リハビリテーション等により、快適な療養生活を可能にします。
  • ・退院後も訪問及び通所の診療・看護・リハビリをはじめとする総合支援体制が整っています。

私たちのお約束(患者さまの権利尊重)

  1. 私たちは、みなさまに「良質な医療を平等に提供」いたします。
  2. 私たちは、みなさまに「十分な説明」をいたします。 ※1
  3. 私たちは、みなさまが「納得された上での医療」に臨んでいただけるようにご協力いたします。 ※2
  4. 私たちは、みなさまに「十分な情報」を提供いたします。 ※3
  5. 私たちは、みなさまの「人としての尊厳」を守ります。
  6. 私たちは、みなさまの「プライバシーや秘密」を守ります。
  • ※1 治療方法や計画、検査等について、その効能や危険性も含め十分にご説明し、同意を得た上での治療(インフォームドコンセント)を実践しています。
  • ※2 治療法には時として選択肢があります。ご自身が納得し、自ら決定されるために、セカンドオピニオン(他の専門家の意見)を知ることも良い方法です。 当院では、そのための検査データの貸し出しをいたしております。お気軽におたずね下さい。
  • ※3 みなさまの医療情報について、さらに詳しくお知りになりたい場合は、お気軽におたずね下さい。

私たちは上記6項目をお約束として患者権利尊重を示し、みなさまが以下の権利を有することを確認し尊重します。

  1. 社会的な地位、疾病の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく公平に、適切な医学水準に基づいた安全かつ効率的な医療を受ける権利
  2. 人格、価値観などが尊重され、相互の協力関係のもとで医療を受ける権利
  3. 理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受け、みずからの意思で選択する権利
  4. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られたプライバシー保護の権利
  5. 個人の健康と保健サービスの利用について、情報を与えられたうえでの自己選択が可能となるような健康教育を受ける権利
  6. いかなる診療段階においても、他施設の医療者の意見を求める権利(セカンドオピニオン:納得し安心して医療を受けるため、診断や治療について主治医以外の医師等に意見を求めること)

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.