診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  薬剤部  >  チーム医療

薬剤部

チーム医療

各種チームにおける薬剤師の役割

「薬剤師って薬を調剤をして患者さまに渡すだけ・・・」なんて思っていませんか?
当院薬剤部では、各種チーム医療・委員会へ積極的に参加し、薬剤師ならではの職能を存分に発揮し、貢献しています。

 

ICT(Infection Control Team)感染制御チーム

ICTとは?

ICTとは、院内で起こるさまざまな感染症から患者さまや職員の安全を守るために活動を行う組織です。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師などさまざまな職種が集まり、横断的に病院全体の感染対策活動に従事しています。

 

当院ICTの活動・特徴

週に一度、抗菌薬の適正使用を推進するためにカンファレンスを行い、医師、薬剤師、検査技師、看護師とともに患者さまの状態、抗菌薬の使用状況を検証し、必要時には病棟ラウンドを行っています。
チーム内の雰囲気は医師、薬剤師、検査技師、看護師がそれぞれの専門性を発揮しやすい環境で、活発な意見交換が行われています。
その他、アウトブレイク時の対策、適切な標準予防策の推進や職員の安全管理(ワクチン接種等)、教育、院内感染発生動向の監視などの活動を行っています。

 

ICTにおける薬剤師の役割

薬剤師は主にTDM実施による適正な投与設計、抗菌薬ガイドラインの作成、抗菌薬の使用量調査、カルバペネム系抗菌薬の適正使用の監視を行い、抗菌薬の適正使用を担っています。

 

 

 

病棟ラウンドの様子 

 

 

院内におけるガイドラインの作成や運用にも関与しています 


 

NST(Nutrition Apport Team)栄養サポートチーム

NSTとは?

NSTとは他職種が連携して、栄養障害のある患者さまに適切な栄養療法が行われているかをチェックし、適切かつ質の高い栄養管理を提供するためのチームです。
NSTが活動することにより栄養状態の改善はもちろん、入院日数の短縮や病気の治療効果の底上げに寄与します。

 

当院NSTの活動・特徴

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士等が協力して、週1回金曜日にカンファレンス、回診を行い、患者さまそれぞれに最適な栄養療法を提供できるよう検討しています。 また、他職種の方が少しでも栄養に興味を持てるよう院内勉強会の企画もしています。

 

NSTにおける薬剤師の役割

薬剤師の役割は、主に個々の患者さまの病態に応じた適切な輸液・経腸栄養剤等の処方提案を行います。 薬剤の投与速度やルートの提案、薬剤による副作用の早期発見、薬剤管理指導担当薬剤師との情報共有等も行っています。
また、病態や食事内容、検査値等の他職種の専門的な知識を共有することでチームのスキルアップにも寄与しています。
    

 

 

カンファレンスの様子

 

 

NSTチームメンバーが講師となり、輸液や栄養療法に関する勉強会を開催しています 

 

緩和ケアチーム

緩和ケアとは?

緩和ケアとは、がん患者さんの体や心のつらさを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。 がん療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。

これらの問題はがん療養の経過中、程度の差はあっても多くの患者さんが経験します。緩和ケアチームではがんによる身体的な痛みはもちろん、精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛についても包括的に、さらに患者さま自身だけではなくそのご家族をもサポートするためのチームです。

 

当院緩和ケアチームの活動・特徴

がんを患う患者さまや支援するご家族の多種多様な苦痛を緩和するために、他職種(医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士)で構成されたチームです。
週1回、チームでカンファレンスおよび回診を行い、主治医や多くの医療スタッフと連携して治療に取り組んでおります。薬剤部からは3名の薬剤師がチームメンバーとして参加しております。
患者さまとその家族にとってできる限り良好なQOL(生活の質)を実現させるためにチーム一丸となって活動しております。


≫当院の緩和ケアチームの詳細はこちらから

 

緩和ケアにおける薬剤師の役割

緩和ケアチームにおいて薬剤師は、医療従事者へ疼痛などの各種症状のコントロールに有効な処方内容の提案を積極的に行っております。
患者さまやご家族に対しては、お薬を安心して使っていただくための相談にも応じております。また、緩和ケア薬剤適正使用マニュアルの作成や、院内医療者向けの勉強会などを通して、薬剤適正使用のための教育を行っております。

 

 

 

カンファレンスの様子 

 

 

薬剤師はオピオイド(医療用麻薬)に関する情報提供を行い、適正使用を促しています 


   

病棟カンファレンス

上記のような医療チームの他にも、各担当病棟薬剤師が病棟カンファレンス(会議)に参加したり、各診療科の回診に同行したりと病院の至るところで薬剤師が活躍しています。

 

糖尿病内科のカンファレンスの様子

薬剤部ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.