診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院では、日常生活動作の改善を目的とした急性期リハビリテーションに重点を置いており、早期にリハビリテーションを実施します。

 

1.急性期リハビリテーション

1)急性期リハビリテーションとは

発症後早期に行われるリハビリテーションのことです。全身状態が不安定な場合が多いため、リスク管理を行いつつ廃用症候群の予防と早期離床、機能回復、基本動作の練習をすることが主体となります。

 

2)高齢者・重症者における急性期リハビリテーションの有用性

特に早期リハビリテーションが必要なのは、重症者や高齢者です。重症者や高齢者はベッド上で過ごす時間が多く、そのような状態が続くと体力や筋力の低下を招きます。一度そのような状態に陥ると日常生活動作能力が低下し、回復にも長時間を要するため、リハビリテーションの早期介入が必要です。


 

2.当院リハビリテーション科の施設基準

脳血管リハビリテーション料Ⅰ

運動器リハビリテーション料Ⅰ

呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

心大血管リハビリテーション料Ⅰ

がん患者リハビリテーション料

 

3.リハビリテーションを安全に実施するために

当院では早期よりリハビリテーションを実施するにあたり、医師・看護師を含めた患者さんに関わる多職種と密に情報交換を行い、安全にリハビリテーションを実施できるよう心がけています。

 

4.リハビリテーション開始にあたって

当科の受診には主治医の依頼書が必要です。主治医による依頼書が当科で受付された後にリハビリテーションが開始となります。また、患者さんの状態に応じて適切なリハビリテーションが行えるように担当制を取っております。治療に関すること、困っておられることなどがありましたら、ご遠慮なく担当の療法士にご相談ください。

 

5.当院での治療終了後

診療科での治療が終了し、全身状態が安定した後は自宅退院か、必要に応じ回復期リハビリテーション病院およびリハビリテーション関連施設へ転院し、さらなる身体機能の向上や日常生活動作能力の改善を図ります。

 

 

リハビリテーション科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.