診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  外科

外科

当院外科は、大阪国際がんセンター外科、大阪市立大学肝胆膵外科、滋賀医科大学消化器外科、大阪大学消化器外科と連携をとりながら、食道から肛門までの消化管と、肝臓・胆道系臓器・膵臓、さらには後腹膜や骨盤臓器など、腹腔内全域における、あらゆる疾患に手術対応できる体制を整えております。
悪性疾患には、ガイドラインに基づきながらも、常に新しい情報を取り入れ、個々の患者にとって最適の治療を提供できるよう努力しております。早期の胃・大腸癌には低侵襲治療として腹腔鏡手術を標準化し、高度進行病変に対しては適宜十分な説明をさせていただいた上で、手術を主体に薬物・放射線療法などの集学的な治療を、主治医が一貫性をもって行うようにしております。
また地域医療においては、急性腹症などの救急患者を24時間体制で受け入れており、地域の皆様、近隣の開業医の先生方にとって必要とされ、頼りになる外科となるべく日々研鑚しております。

 

 

  • ■社団法人日本外科学会外科専門医制度による修練施設
  • ■日本消化器外科学会専門医修練施設
  • ■日本大腸肛門病学会専門医修練施設
  • ■日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設B
  • ■日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • ■日本臨床腫瘍学会研修指定施設
  • ■日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • ■日本肝臓学会認定施設
  • ■日本静脈経腸栄養学会・NST(栄養サポートチーム)稼動施設

 

 

診療内容


外科手術

良性疾患

胆嚢結石、ヘルニアなどに対し、積極的に低侵襲である腹腔鏡手術を行い、またクリニカルパスの充実により、入院日数を短くして早期の社会復帰が可能となるよう、こころがけています。
痔疾患に対しては通常手術に加え、本邦に導入された初期の頃より硬化療法(ジオン注射)を施行しておりますが、痛みが少なく治療期間も短期間であることから、大変好評を得ております。

 

 

悪性疾患

消化器系疾患の全領域における標準術式をカバーしておりますが、定型的術式に加え、門脈浸潤膵癌や隣接臓器浸潤直腸癌などに対する複数臓器合併切除、さらに骨盤内再発癌に対する手術など、高度な技術を要する術式にも対応しております。
腹腔鏡手術は基本的には早期癌が対象ですが、新しい知見に基づきながら年々適応を広げており、胃癌・大腸癌の40~60%は腹腔鏡下で切除しております。

 

 

救急疾患

上部消化管穿孔(胃穿孔・十二指腸穿孔)、重症急性胆嚢炎、虫垂炎、ヘルニア嵌頓、などに対し、診断から2時間以内に迅速に手術できる環境を整えております。
最重症である下部消化管穿孔に対しては上記に加え、術後に必要となる血液浄化療法やDIC治療などをシステマチックに実施できる体制を作っており、85%以上の救命率を維持しております。

 

 

 

集学的治療

近年薬物療法や放射線照射により、高度に進行した腫瘍の縮小を図り、根治性の高い手術を目指す治療が有用であるとする報告が多くなされています。当科においても高度進行食道癌・胃癌・直腸癌に対して術前治療後に手術を行い、良好な成績をあげております。

また、発見当初は切除不能病変であっても、分子標的薬などが奏功し、切除が可能になるまでsize down することで手術治療にconversionできる症例もあります。特に大腸癌領域では病変の根治切除率が生存率に直結することから、いかに切除率を向上させられるかが重要です。当科では新規薬物療法をできるだけ早く取り入れ、安全性を重要視しながら、高度進行病変に対し、多方向より治療法を見いだせるよう努力しております。

 

 

ストーマ外来

人工肛門(ストマ)を造設した患者に対し、排泄ケア専門ナースとともに状態観察・トラブル相談を実施しております。また外科医が主体となって、緩和ケアチームおよびNST(nutrition support team 栄養サポートチーム)を形成し、院内全体のがん患者の疼痛緩和・精神サポート、ならびに低栄養状態に対する適切な指導・フォローアップを行っております。

 

 

外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.