病院について

ホーム  >  病院について  >  実績  >  病院指標

平成27年度 ベルランド総合病院 病院指標

-病院指標公開の目的-

当院は平成18年よりDPCといわれる急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度を導入しています。
今回公表する病院指標は、DPC制度に参加している全病院が、共通のルールで集計した指標であり、病院を客観的に数字で示したものです。 ベルランド総合病院を利用する皆様に、病院の特徴や医療提供体制について理解を深めていただくことを目的として公開しております。

-現在公開されている指標の共通定義について-

・ 平成27年4月1日~平成28年3月31日までのデータを使用しております。
・ 保険適用のデータのみ使用し、事故や労働によるけが等の健康保険以外のデータは含んでおりません。
・各指標とも数値が10未満の場合、個人が特定されないように「-」で表記しております。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

当院の健康保険適用患者の年齢階級別10歳刻み患者数です。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1155 340 430 676 827 970 2057 3029 1931 429
平成27年度の全症例数は11,844人となっております。最も多い年齢層は70~79歳で平成27年度は3,029人で全患者数の約1/4を占めております。70歳以上は5,389名で45.5%とほぼ半数を占めており、高齢化率の上昇にともない、今後も高齢者の受診者数は増加するものと思われます。また、当院は地域周産期母子医療センターであり新生児を含む0~9歳の患者さんは1,155人で全体の9.8%を占めており、また、産婦人科による分娩を取り扱っておりますので、40歳代までの患者数も全国と比較して高くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

◆ 各診療科別に症例数の多い DPC14 桁分類入院について DPCコード、DPC名称、患者数、当院の平均在院日数、全国平均在院日数、転院率、平均年齢、 患者用パス有・無、解説を示しております。
◆ 全国の平均在院日数は厚生労働省のDPC対象病院における診断群分類別平均在院日数(平成27年度)の平均在院日数を示しております。( http://www.prrism.com/dpc/H27_dpczaiinnniltusuu.xls )
◆ 患者パス 欄の「■」はクリティカルパス(クリニカルパス)を導入しています。

※DPCとは、急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度であり、疾患・手術・処置・重症度・副傷病等で14桁に分類されています。DPCコードとは14桁の分類、DPC名称とは分類された疾患・手術・処置・副傷病の名称のことです。
※ クリティカルパスとは、良質な医療を効率的、かつ安全、適正に提供するための手段として開発された診療計画表のことです。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 199 9.66 10.93 1.34% 70.06
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎手術・処置等2なし 61 6.21 5.50 0.00% 50.34
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 8.60 10.10 0.27% 70.07 -
胆管炎は、高齢者に多く発症する救急疾患で、迅速な処置を施さなければ生命に危機を及ぼす疾患です。当院では、他の施設で発症した胆管炎も積極的に受け入れ、内視鏡治療を行っています。
消化器癌領域での膵癌は急速に増加しています。当科においては、膵腫瘍に対しては積極的に組織学的な診断根拠を得て(EUS-FNAなど)、適切な治療への指針としています。
また、地域医療支援病院と役目として、腸炎などの紹介に対しても入院加療を含め対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 454 2.61 3.07 0.00% 68.74
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 400 4.43 4.87 1.34% 70.85
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 142 4.42 5.68 0.00 63.92
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、不整脈、急性及び慢性心不全、弁膜症、心筋症、大動脈瘤・大動脈解離、高血圧症などの各種循環器疾患に対する診断(重症度評価)と治療を、患者さんと医療スタッフとが一体となったベストの治療を目指しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 248 12.83 14.34 7.22% 70.78 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 176 13.95 21.69 28.61% 84.15 -
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 162 2.48 3.29 0.27% 69.75
呼吸器感染症をはじめとし、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、びまん性肺疾患(間質性肺炎など)、肺癌を中心とした呼吸器系腫瘍など呼吸器疾患全般にわたり診断、治療を行っています。  
呼吸機能検査、呼気一酸化窒素濃度測定、心肺運動負荷検査などの生理機能検査が可能であり、各種疾患の診断、病状評価を積極的に行っています。  
呼吸器系腫瘍やびまん性肺疾患に対しては気管支鏡検査やCTガイド下経皮肺生検のみならず呼吸器外科との綿密な連携により必要な症例に対しては迅速な外科的生検を行っています。  
呼吸器系腫瘍の治療に際しては、呼吸器外科、放射線科との綿密な連携により集学的治療を行っています。
内分泌・代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 129 13.16 15.35 0.27% 64.36 -
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - - - - -
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - - - - -
症例数の多い糖尿病に関しては、栄養指導を含めた療養指導から合併症のある重症糖尿病まで幅広く治療できるように取り組んでいます。患者や地域の開業医に対しての啓発活動として糖尿病に関するセミナーも定期的に開催しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 23 19.26 18.08 2.14% 75.65 -
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 16.0 15.80 0.80% 73.95 -
010230xx99x00x てんかん手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 4.60 7.03 0.27% 53.00 -
神経内科は、脳・脊髄の中枢神経系、末梢神経や、筋肉の病気を診る内科です。代表的な疾患は、脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・脳塞栓・一過性脳虚血)、認知症(アルツハイマー病・脳血管性認知症・軽度認知障害、その他 認知機能障害)、一過性全健忘、頭痛、てんかん、痙攣、感染性疾患(脳炎・髄膜炎)、神経難病(パーキンソン病・パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症・多 系統萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性筋炎・筋ジストロフィー等筋疾患、 等々)、脊髄疾患、神経根障害、末梢神経障害(炎症性・糖尿病性・ビタミン欠乏性等)などがあります。
神経学的所見に加えて、各種高度先進技術による3T-MRI、シンチ(SPECT,MIBG,DATscan)、MEG、誘発筋電図などを駆使し、脳、脊髄や末梢神経・筋の、形態および機能の状態を解明するとともに、先進的な神経学的治療や急性期リハビリテーションを推進し、早期の機能回復と社会復帰に資することを旨としています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 242 5.38 5.72 0.27% 2.71
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 221 4.66 6.17 0.27% 0.00
040100xxxxx00x 喘息手術・処置等2なし 副傷病なし 92 5.48 6.31 0.27% 3.73
新生児医療から救急を含む一般小児科診療まで、小児の成長・発達全般を支える小児科として診療を行っております。新生児集中治療室(NICU)12床を含む新生児病棟では、児の発達や家族ケアにも十分に配慮した新生児医療を行っています。小児救急においては、堺市救急医療事業団に協力して、堺市こども急病診療センターに医師を派遣する一方、二次後送当番病院の輪番制に参加しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常子宮破裂手術等 185 8.82 9.63 0.00% 33.01
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍子宮全摘術等 76 8.16 10.18 0.00% 45.86
120170xx99x0xx 早産、切迫早産手術なし 手術・処置等2なし 56 8.32 20.87 0.00% 29.91 -
地域周産期母子医療センターであり、産科では緊急を含む帝王切開の症例を多く取り扱っております。婦人科は子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮体がん、子宮頚がんなどの良性から悪性までの婦人科疾患に幅広く対応しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 112 7.46 6.96 0.27% 60.51
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 85 20.68 17.41 0.80% 72.64 -
060150xx03xx0x 虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 59 5.19 5.56 0.00% 31.76
外科では食道から肛門までの消化管と、肝臓・胆嚢胆道・膵臓、さらに後腹膜/骨盤臓器(副腎・膀胱・卵巣・子宮)など、腹腔内全域におけるあらゆる疾患に手術対応できる体制を整えております。  癌治療では最新の情報を取り入れ、早期の胃・大腸癌には低侵襲治療として腹腔鏡手術を標準化、高度進行病変に対しては、手術を主体に薬物・放射線療法などの集学的な治療を当科が一貫性をもって対応しています。
また急性腹症にも24時間体制で対応し、地域医療に貢献しております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術あり 手術・処置等2なし 74 11.96 13.03 0.27% 69.36
040200xx99x00x 気胸手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 6.31 8.28 0.27% 37.31
040200xx01x00x 気胸肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 10.03 9.68 0.00% 31.30
呼吸器領域の疾患を対象にし、診断及び治療は呼吸器内科や放射線科と緻密な連携のもとに行っています。安全な手術を第1に、可能な限り小さい手術創で呼吸器外科領域の手術を施行しています。 胸腔鏡を用いた手術および診断(生検)(適応があれば)を行い、創傷跡も小さくしています。なお、原発性肺癌および転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、肺真菌症、気腫性肺疾患、気胸、縦隔疾患、胸腺腫、その他の縦隔腫瘍、胸膜疾患、横隔膜疾患、外傷性疾患、胸部外傷、胸腔鏡を用いた各種診断・治療などに対応しており、特に肺がん、気胸を多く取り扱っております。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX03X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 63 6.02 6.79 0.00% 63.03
090010XX99X40X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 31 2.16 4.66 0.00% 47.39 -
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 28 11.71 11.63 0.00% 75.18 -
乳腺外科では手術療法、化学療法、内分泌療法(ホルモン療法)、放射線療法、病理検査によるエビデンスに基づいた診断と 治療を形成外科、放射線治療科、病理部などと連携して行っています。また、化学療法に関しては、初回のみ短期の入院で行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 209 27.49 28.70 36.36% 81.07 -
160760xx97xx0x 前腕の骨折手術あり 副傷病なし 184 3.30 5.70 0.27% 55.85
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼手術あり 副傷病なし 58 3.02 4.37 0.00% 39.03
整形外科は、運動器全般すなわち、骨、関節、筋肉、神経などすべての領域の疾患の治療を受け持っております。近年の高齢化社会を迎え、骨粗鬆症に起因する骨脆弱性骨折(大腿骨や上腕骨近位部骨折や手関節周囲骨折)が増加しております。手や肘の骨折を含めた外傷や変形、神経障害に対する手の外科の治療は、手の外科専門医が積極的に診療に従事しています。また変形性股関節症に対しては、より精密で正確な手術を可能とするナビゲーションシステムを用いた人工関節置換術を行っています。外傷(交通外傷を含む)に伴う骨折や小児の骨折に対しては、スタッフ全員で治療に当たっております。さらに一般病院ではほとんど治療をされない骨軟部腫瘍の治療も日本整形外科骨・軟部腫瘍相談コーナーの一施設として認定を受け、積極的に取り組んでいます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 20.57 19.32 6.68% 70.48 -
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 38 19.68 18.08 5.08% 71.97 -
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 15.21 15.80 2.94% 76.50 -
脳神経外科では、脳卒中が疑われる患者さんには、24時間体制で脳CTはもちろんのこと脳MRIやMRA(MRIを使った無侵襲な血管撮影法)、脳血管カテーテル検査が緊急で撮影できる体制をとっております。脳血管カテーテル検査のための検査入院は2泊3日、予定手術のための入院は2週間前後で実施しています。また、脳卒中など重症脳疾患の患者さんは、ICU(Intensive Care Unit、集中治療室)において治療を行う体制を取っております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 34 12.82 13.19 0.00% 75.62
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 26 22.77 25.69 0.00% 70.96 -
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - - -
心臓血管外科は心臓病センターとして循環器内科と緊密な連携を保って診療をおこなっています。心疾患はもとより末梢血管疾患に至るまで内科、外科の両面から治療法を検討し、患者さんに安全で最も侵襲の少ない治療法を選択しています。とりわけ大動脈瘤に対する低侵襲手術であるステントグラフト手術を積極的に行い、高齢者で合併症の多い方にも手術を行っています。一方、老人性大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症などの変性弁膜疾患が増加し、大動脈弁狭窄症に対する弁置換術と僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 86 4.87 5.91 0.00% 62.65
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 75 13.65 12.60 2.41% 70.65 -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 49 9.51 7.59 0.53% 76.84
泌尿器科は、年間約600件(平成26年、前立腺生検162件とESWL72件含む)の手術・検査を行っております。悪性疾患に対しては、診療ガイドラインに基づきながらも個々の患者さんにとって最適な治療を提供しております。また、良性疾患に対しては、患者さんのQOL(quality of life:生活の質)向上をまず第一に考えて診療しています。進行した膀胱癌や神経因性膀胱のため尿路変更を行っている患者さんは、月1回のストーマ外来を皮膚排泄ケア認定看護師と一緒に行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 256 3.02 3.01 0.00% 74.40
全身疾患に併発する眼疾患、糖尿病や高血圧、腎疾患などの眼底病変に対してレ-ザ-治療に重点を置いて管理しています。白内障に関しては最新の小切開超音波白内障手術を行っており術後早期からの視力回復を得ています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 86 6.37 8.20 0.00% 23.85
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎手術なし 54 5.19 5.53 0.00% 35.06 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害手術なし 45 5.71 5.31 0.00% 60.53 -
耳鼻咽喉科は手術的治療を中心に加療を行っております。中耳手術に関しましては単に慢性中耳炎、真珠腫に対する鼓室形成術だけではなく、中耳耳小骨奇形などの鼓膜正常な伝音難聴に対する手術、耳硬化症に対するアブミ骨手術、外リンパ瘻にたいする内耳窓閉鎖術なども実施しております。また、日常診療では保存的治療に流れやすい顔面神経麻痺、眩暈疾患に足しても、従来当科では行われていなかった顔面神経減荷術、重症メニエール病に対する内リンパ嚢開放術なども実施可能です。特に扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、めまい、メニエール病を多く取り扱っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂手術あり 手術・処置等2なし 24 2.92 3.54 0.00% 72.75
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 24 3.96 4.38 0.00% 54.88 -
080011xx99xxxx 急性膿皮症手術なし 11 8.55 11.97 0.00% 72.55 -
形成外科では、小さな外傷や良性の皮膚腫瘍から、悪性腫瘍切除後の機能や形態の再建といった大きな手術まで、幅広く対応しており、特に眼瞼下垂症や脂肪腫、粉瘤などの良性腫瘍疾患を多く取り扱っております。
急病救急部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 4.70 7.52 0.27% 66.80 -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 4.20 10.02 0.00% 71.33 -
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷手術なし 手術・処置等2なし - - - - - -
当院では2006年よりドクターカーを導入し、重症の内因性疾患・外傷患者に対してドクターカーによる現場出動を行なっております。救急科では月間平均570件の救急搬送を受け入れしており、頭部を含めた体幹部外傷の疾患が多くなっております
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

◆ 5 大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者は国際対がん連合(UICC)が定義するがんの病期分類(TNM)による退院患者数を、再発患者(再発部位 によらない)は期間内の延患者数を示しています。 「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
◆ 病期分類は、がんがどれくらい進行しているかを意味します。stage0 から satgeⅣまであり stageⅣが最も進行していることになります。
◆ stage は一連の治療を決定する際に用いた病期分類を、術後の病期分類がなければ術前所見に基づく stage を選択しています。

※5大がんとは 肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がんを主要 5 大がんとしています。
※TNM とは がんの病期の評価、分類法です。 T:原発巣の大きさと浸潤を評価します。N:所属リンパ節への転移状況を評価します。M:遠隔転移の有無を評価します。 これらを総合的に組み合わせて病期 stage0~stageⅣが決まります。
※初回治療とは がん(含転移巣)に対して、初めに計画された一連の治療および症状緩和的な治療を指します。 自施設のみならず他施設での治療経過も含みます。 一連の治療とは 治療計画再評価までの間におこなわれる治療を総括して指します。 例:手術後、化学療法4クールを行った後再評価、という事例であればこれら全てが一連の治療となり入院回数は問いません。
症状緩和的な治療とは 直接的にがん組織に対するものではなく、がんによる症状の緩和・軽減のために行われる治療です。

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 76 30 34 71 11 24    
大腸癌 25 41 32 30 6 19    
乳癌 67 66 12 5 3 35    
肺癌 45 35 42 90 164 88    
肝癌 5 9 13 21 5 52    
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・胃癌
 当院では2番目に多いがん腫であり、平成27年度は246例となっております。ステージ別にみると、最も多いのはⅠ期で30.9%となっております。Ⅳ期の患者も28.9%と多く、他病院からの紹介患者も受入しております。
・大腸癌
 平成27年度は153例となっております。最も多いのはⅡ期で26.8%でⅢ期20.1%、Ⅳ期19.6%と比較的重症度の高い方の占める割合が多くなっております。
・乳癌
 当院の症例の中でも増加傾向にあるがん腫です。Ⅱ期までで約75%をしめており、乳がん検診の啓発活動等による早期発見、早期治療が進んでいる結果であると思われます。
・肺癌
 最も取り扱いが多いがん腫で、平成27年度は464件となっております。
・肝癌
 平成27年度の件数は105件で、再発症例が約50%を占めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

◆ 入院契機傷病名および最も医療資源を投入し傷病名に対する ICD10 コードが J13~J18$ で始まるものに限定しております。
◆ 重症度分類は、下記の表にあるA-DROP スコアを用いる。重症度分類の各因子が一つでも不明な場 合は「不明」と分類する。重症度の計算には年齢・性別因子を考慮すること。

※ICD10 とは世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した疾病、傷害及び死因の統計分類です。
「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problemsの略語」

Age(年齢) 男性 70 歳以上、女性 75 歳以上
Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL 以上または脱水あり
Respiration SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
Orientation(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧 90 mmHg 以下

※ 5 点満点で、1 項目該当すれば 1 点、2 項目該当すれば 2 点。


患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 60 9.28 54.13
重症度 1 115 13.68 77.16
重症度 2 61 17.05 80.10
重症度 3 28 24.14 82.21
重症度 4 8 9.13 82.13
重症度 5 2 4.50 80.50
不明 - - -
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。当院の入院患者では、重症度1が115例と最も多くなっております。重症度が高くなるにつれて、平均在院日数も長くなる傾向にあります。また、重症度が高くなるにつれて平均年齢も上昇傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

◆ 医療資源を最も投入した傷病名が脳の虚血性疾患の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を 示しております。

※ICD10 とは世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した疾病、傷害及び死因の統計分類です。
「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problemsの略語」

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 208 22.55 75.32 42.79%
その他 25 19.48 70.04 36.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院では救急搬送に際し、救急隊から医師が直接依頼を受ける脳卒中コールを24時間365日実施しており、超急性期血栓溶解療法をはじめとする、すべての脳卒中、高度の合併症を有する脳卒中にも対応しております。208例と最も多い3日以内の脳梗塞症例では、当院での急性期治療を終えた患者は、回復期リハビリテーションなど在宅復帰に向けたリハビリを実施している病院への転院も多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

◆ 診療科別に手術件数の多い順に上位3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢、患者用パスの有・無を示しております。
◆ 患者パス 「■」はクリティカルパス(クリニカルパス)を導入しています。
◆ 手術術式の点数コード(K コード)による集計ですが、輸血関連は除外しております。
◆ 術前日数は入院日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は手術日(手術日当日は含まない)から最終的な退院日までとしています。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 172 3.55 10.77 4.65% 71.91 -
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 59 1.36 3.80 0.00% 67.53 -
K654 内視鏡的消化管止血術 52 0.62 8.46 9.62% 73.33 -
消化器内科では、内視鏡で行う手術が上位の3術式となっています。大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例も多くおこなってます。これらのポリぺクトミー目的の治療は主に日帰り手術を実施しております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 288 2.67 3.07 3.13% 70.81
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 119 1.19 2.31 0.00% 64.97
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 89 2.15 3.69 4.49% 71.98
循環器内科では、狭心症・心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術、不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が多く実施されています。当院は24時間365日ハートコール体制を整備しており、カテーテル治療については予定手術だけでなく、数多くの緊急手術も実施しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 124 1.02 7.06 0.00% 33.12
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 119 1.22 7.26 0.84% 31.90
K877 子宮全摘術 75 1.23 6.95 0.00% 51.95
当院は地域周産期母子医療センターであり、ハイリスクの方の分娩を積極的に受け入れております。そのため産科では、帝王切開術(選択・緊急を含む)を多く実施しております。また、婦人科疾患を対象としたレディース外来を開設しており婦人科では良性・悪性疾患を含めて子宮全摘術が多く実施されています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 183 2.50 6.15 1.09% 61.92
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 117 1.70 3.51 2.56% 66.79
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 69 6.26 18.12 7.25% 75.45
2015年度の外科の手術件数は1034件で、腹腔鏡下胆嚢摘出術183件(うち緊急手術37例)、ヘルニア手術117件、結腸癌手術(開腹)69件が上位3位です。疾患としては急性腹症などの緊急手術が全体の29%(急性虫垂炎105例、消化管穿孔49例、腸閉塞21例など)、悪性腫瘍手術が全体の25%(大腸癌163例、胃癌71例など)で、緊急疾患および大腸悪性疾患が多い事が特徴です。
呼吸器外科・呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 45 2.33 10.04 0.00% 67.98
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 29 4.66 5.17 0.00% 33.66
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 21 2.86 7.67 0.00% 56.43
呼吸器外科では、肺がんや気胸に対する胸腔鏡下による肺の悪性腫瘍手術や肺切除術が上位を占めています。肺の悪性腫瘍の手術は標準的な手術を原則としていますが、術前の肺機能検査結果などから、術後の生活をも考慮し、患者さんへの説明を充分行い、納得していただいて上で術式を決定しています。 術後は原則、翌日から食事、トイレ歩行していただいており、回復状態により無理をせず状態に合わせて退院の計画をしています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 64 1.09 4.30 0.00% 62.56
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 24 1.04 9.46 0.00% 69.54
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除)(腋窩部郭清を伴うもの((内視鏡下によるものを含む。)) 14 1.07 7.57 0.00% 74.57
乳腺外科では、乳腺悪性腫瘍手術が実施手術の90%を占めております。また、乳がん手術におけるセンチネルリンパ節生検ではCTリンパ管造影と色素法を併用によりラジオアイソトープ法と同等以上の精度の高い手術を行っております。最近では1期的乳房再建術が増加してきており、乳房切除術の30%~40%がこれにあたります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 191 5.25 15.65 45.55% 75.19
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 142 2.85 5.56 5.63% 57.45
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕、下腿) 106 0.68 1.42 0.00% 52.83
整形外科では、骨折観血的手術が骨折部位を問わず積極的に数多く実施されています。また、大腿骨頚部骨折の地域連携パスを運用しており、高い転院率となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 0.08 5.50 16.67% 76.63 -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 19 1.11 38.37 73.68% 66.32 -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 1.21 30.50 42.86% 63.43 -
脳神経外科では、脳血管障害に対しての治療が多くなっております。また、脳梗塞超急性期の血栓溶解療法やカテーテルによる血栓回収療法にも力を入れています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 29 3.93 9.72 3.45% 77.17
K5551 弁置換術(1弁のもの) 16 8.75 23.69 18.75% 77.06 -
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 15 7.33 12.40 6.67% 70.07
心臓血管外科手術での冠動脈バイパス術はカテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:薬剤溶出ステント治療)の増加で漸減傾向にあります。一方、高齢化のため,腹部大動脈瘤や胸部大動脈瘤、老人性大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症などの変性弁膜疾患が増加傾向にあります。以前は、大動脈瘤の手術治療では、開腹や開胸を行って、動脈瘤を直接露出し、動脈を切除して人工血管を縫合して取り替える人工血管置換術が行われてきました。最近では大腿動脈を切開し細いカテーテルを挿入して ばね付きの人工血管(ステントグラフト)を動脈瘤の内側に装着するステントグラフト内挿術が行われます。低侵襲であることから 高齢者や合併症のため開腹手術や開胸手術が困難な症例に対しても 大動脈瘤の破裂を予防する手術が可能と考えられます。そして、80歳を超える高齢者であっても待機的に行う弁膜症手術は安全であると考えられ 大動脈弁狭窄症に対しても弁置換術が積極的に行われます。僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術も増加しています。手術適応も変わり、術後のQOLを考慮して早期に手術が行われるようになった点などが手術件数増加に影響していると考えられます。このように、心臓血管外科では、ステントグラフト内挿術(腹部・胸部)、弁膜症手術が上位の手術となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 88 1.05 3.05 0.00% 63.07
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 65 0.91 6.35 4.62% 70.77 -
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 60 1.78 6.22 3.33% 74.82
泌尿器科ではレーザーによる尿路結石除去が最も多く、膀胱の悪性腫瘍に対する手術も多く取り扱っております。これらは経尿道的な術式で、低侵襲的な手術となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 256 1.02 1.00 0.00% 74.89
眼科での手術症例は白内障手術のみ取り扱っており、2泊3日の入院で年間約250件の手術を実施しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 86 1.09 4.30 0.00% 24.45
K319 鼓室形成手術 31 1.03 3.61 0.00% 64.55
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 16 1.81 3.19 0.00% 58.13
口蓋扁桃手術の症例数が多く、平均24歳と若年層が多く含まれております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) 19 0.89 2.79 0.00% 52.79 -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 14 0.07 1.50 0.00% 74.64
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
形成外科では、外傷、腫瘍、先天異常、変性疾患など多岐にわたりますが、特に眼瞼下垂の手術を多くおこなっております。
その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

◆医療の質の改善に寄与するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患であるDIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発症率を示しています。
 ここに示している患者数で「入院契機と同一」とは、入院した時に播種性血管内凝固症候群と診断されている患者さんであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院したが、その後に播種性血管内凝固症候群を発症し、元々の病気の治療よりも播種性血管内凝固症候群の治療に時間を要する場合をお示ししております。

※DIC(播種性血管内凝固症候群)
様々な基礎疾患に合併して凝固系が亢進し、全身の細小血管内に微小血栓が多発して臓器障害が起こる病態。これに伴って凝固因子、血小板が大量に消 費されて減少し、また線溶系も亢進するため出血症状をきたす。原因となる基礎疾患には悪性腫瘍、敗血症が多い。
※敗血症
細菌感染によってひき起こされる全身性炎症反応(SIRS)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.02
異なる 8 0.07
180010 敗血症 同一 15 0.13
異なる 35 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.35
異なる 6 0.05
重篤な外傷や、心臓血管外科疾患などの大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群がおこることがあります。また、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。また、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016.9.30
病院指標を公開しました

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.