施設概要

ホーム  >  施設概要  >  施設の特色

施設の特色

施設の基本方針

地域と家族様と共に支えるケアを実施します

パートナーの尊厳を守ります

施設の特色

認知症高齢者の方が少人数(最大9名、当施設では6名)の家庭的な環境のもと、職員の支援を受けながら共同生活を営む居住施設です。入居された方のこれまでの生活を尊重しつつ、自立した日常生活を送ることができるよう、職員が見守ります。

3階建ての2階・3階部分に、4つのユニット(共同生活住居の単位)があります。それぞれのユニットには、「チューリップ」「ひまわり」「コスモス」「すいせん」というように季節の花の名前を付けました。

施設の沿革

昭和39年11月 医療法人生長会設立認可
平成8年06月 老人保健施設ベルアモール開設[157床]
平成8年07月 ベルアモール訪問看護ステーション開設
平成13年04月 通所リハビリテーションセンター(ベルアモール)定員変更[50名→100名]
平成13年05月 認知症高齢者向けグループホーム 「ベルアモールハウス」開設[24床]
平成14年12月 ベルアモールヘルパーステーション開設
平成21年7月 ベルアモール訪問看護ステーションとベル訪問看護ステーションが統合し、
ベル訪問看護ステーションとなる。
平成24年4月 ベルアンサンブル訪問看護ステーション開設に併せてベル訪問看護ステーションと統合しベルアンサンブル訪問看護ステーション(中区出張所)となる。

施設概況

所在地 大阪府堺市中区深井畑山町211
電話 072-277-7711
構造規模 鉄骨造 3階建て
定員 定員24人